【StartUp】BitCoin 2.0とCoins.phの可能性がアツ過ぎる!

公開日: : Business, StartUp

久しぶりに興味が沸くテーマが出てきたのでブログを更新してみました。
今回は、BitCoin2.0とCoin.phというスタートアップを取り上げてみたいと思います。

BitCoinの現状とBitCoin2.0とは?

マウントゴックスのハッキング事件やドラックや武器の売買など犯罪の取引などに利用されるなど負の面で有名になってしまったビットコイン。こうした背景を基にまだまだビットコインそのものの価値を議論することが巷では流行っていますが、実はビットコイン価値の取引はビットコイン1.0と考えられ、テック系のスタートアップやそれに目をつけているVCの間では、既にビットコイン2.0というビットコインを成立させているプロトコルを利用して、これまで難しかった課題解決に取り組むというところに焦点が当たり始めています。


PerfectHue / Foter / CC BY

WIKIPEDIAによると、ビットコインの仕組みは以下のように説明されています。

”ビットコインには中央銀行のような中央機関は存在せず、通貨の発行や取引はすべてピアツーピア・ネットワーク上で行われている。

ビットコインのすべての取引履歴はブロックチェーン[27]と呼ばれる台帳に記録される。ブロックチェーンはネットワーク上のノードに分散的に記録される。過去のすべての取引が記録されているため、これを見れば、取引の整合性を誰でも検証することができる。”

おそらくテクノロジーにリテラシーが高い人以外からすると何を言っているのか分かりにくいかもしれませんが、簡単に言うと、

  • 手数料なしで通貨の売買や送金ができます
  • 情報改ざんができないので安心して取引することができます

ということになります。

現在ビットコインの利用は、通貨の代わりに利用されている程度に留まっていますが、ビットコイン2.0においては、この2つの機能を使って様々な課題解決をしていこうという動きになっています。

 

どんなことが可能になるの?

コピーが不可能なデジタルコンテンツの配信や株式や債券、保険などの取引、もっと具体的な例でいうと永久に改ざんされないメッセージサービスや画像サービスなどが考えられています。

多くの有名VCもこうした利用を目的に様々なスタートアップに投資をし始めているのが現状です。
しかし、そうは言ってもまだまだ具体的なサービスが出てきていないのが現状です。

今日紹介するスタートアップは、2.0というよりは、1.0と2.0の間の1.5ぐらいにあたるサービスで、ビットコインの売買という仕組みを利用しつつも、ビットコインの交換所のような売買の仲介だけになるのではなく別のもっと大きな課題解決を図ろうと考えているスタートアップです。

Coin.phとは?

Coin.phは、フィリピン国内の出稼ぎ労働者の家族に向けた送金を助ける手段を手助けするサービスを提供するサービスです。

ビットコインを購入しビットコインを送金するという極めて単純なサービスですが送金に関わる問題を解決する手段を提供しています。

通常ビットコインから特定の通貨への出金は、交換所のレートでビットコインを売却し、特定の通貨にして登録した銀行口座へ引き出すのが一般的なやり方になります。

また、フィリピン国内の出稼ぎ労働者の家族に向けた通常の送金方法は、現金で直接給与をもらい、国内の家族は銀行口座などを持っていないことがほとんどなのでWesternUnionなど送金会社を利用して国内の家族に送金するというのが一般的になります。

ここで大きな問題となってくるのは送金手数料で、WesterUnionなど送金代行会社の手数料が大体6.6%〜12.2%*となっており、手数料負担が非常に重くのしかかっています。
*参考:https://sendmoney.coins.ph/

反対に、coins.phは、実質3%以下(2014年9月16日現在)の売買手数料のみで送金手数料が無料という仕組みを提供しています。

出金方法も非常に利便性が高く、直接提携先の金融機関などに出金することが可能となっている。現在フィリピン国内やCITIBankなどの外資系金融機関、送金代行会社、携帯事業者など22社と提携している。

さらに3/4のフィリピン人が銀行口座を持っていないことを考慮し、DoortoDoorで送金をしていくれる2GO Quickcash(120ペソ)やローカルの送金サービスであるCebuan Lhuillier Pera Padala(50ペソ)など若干の手数料はかかるものの利用することが可能となっている。

Coins.phでのビットコインの購入は、フィリピン国内の銀行もしくはATMからCoin.phに入金することで即座に購入することができ(90分以内)、送金にかかる時間も8時間以内で済みます。数時間で対応ができるのでビットコインの価格の暴落のリスクにも耐えることができます。

つまり、Coins.phでビットコインの売買を利用することでどこよりも低い手数料で即座に国内送金が可能となる訳です。

coins.ph

今後の可能性

クレジットカードの普及率が3%、銀行口座の保有率が27%*と非常に低いフィリピンでは、あらゆる決済手段の代替となる可能性が出てきます。特にECやゲームを含むデジタルコンテンツの市場は、決済ソリューションが未成熟にもかかわらず急速に拡大しています。これはフィリピンに限らず東南アジア全体に見られる現象です。フィリピンだけでなくCoins.phの可能性は東南アジア全体に存在し、ビットコインは送金手段から決済手段としてメジャーな存在となる可能性があると思います。
*参考:http://www.techinasia.com/is-southeast-asia-ready-for-online-payments/

まとめ

先進国よりも早く新興国でビットコインが市場として成立しつつあるというのは非常におもしろい現象だと思います。
こういう現象が起こるのがまさにネットが既存社会をDisruptしている感じがして楽しいのですが、既得権益のためにUberやAirBnBの普及が妨げられている日本の現状を考えると同時に危機感を覚えます。

日本の社会ももっとネットリテラシーが高い社会にならないといつのまにか、なんて話になるかもしれません。。。

 

 

 




関連記事

【音楽】PSYの人気で株価が上昇し過ぎ!

株価が急上昇! UKのチャートでNo.1を取って相当イケイケな江南スタイルこと太っちょおちゃら

記事を読む

【Tech】米GROUPER(合コンコンシェルジュ)のサービスが上手過ぎる!

米GROUPERは、男女3:3の合コンコンシェルジュサービス。 自分の好みを登録して(サイト側

記事を読む

【マーケ】米タバコ会社のマーケティングがエグ過ぎる!

今年の2月にシンガポールに行く予定があり、そのついでにインドネシアのジャカルタにも滞在した。 バリ

記事を読む

【ビジネス】ポール グレアムもハードウェアスタートアップに注目!?

ここ最近3Dプリンター系のデータを取り扱う共有ウェブサイトやPirateBayなどのトレントサイトな

記事を読む

【ビジネス】海外事業における成功と失敗 -拠点責任者のコミットメント-

この2年半、私は海外進出と新規事業立ち上げという一粒で2度美味しい事業戦略/推進を任されてきた。

記事を読む

【Tech】Art.syはアートを革新的に楽しめ過ぎる!

Art.syは、無料で世界中のアートをインターネットで閲覧できるサービスだ。 2年前ぐらいからテス

記事を読む

海外出張、旅行で役に立つアイテム10選

昨年は、14カ国、約半年を海外出張と旅行で過ごしたが、旅をより快適にできるように色々と模索した結果、

記事を読む

【Tech】効率的に社会を良くしているCODE for AMERICAはCool!

Teach for Americaに代表されるように政府や自治体に働きかけるのではなく、市民が直接が

記事を読む

【Tech】米ShareDeskで世界中のワークスペースが簡単に見つかり過ぎる!

米ShareDeskは、ワークスペースを貸したい人とワークスペースを借りたい人をマッチングするプラッ

記事を読む

【StartUp】スタートアップにとって課題発掘が最も重要な訳

スタートアップの成功要因とは? 様々なスタートアップの成功話や諸々の書籍はもちろんのこと、実際に多く

記事を読む







[Music]タイ、バンコクのおすすめクラブまとめ 2017年最新版

バンコクのクラブ事情 ここ近年のバンコクの都市化が加速度的に増してお

海外出張、旅行で役に立つアイテム10選

昨年は、14カ国、約半年を海外出張と旅行で過ごしたが、旅をより快適にで

【ビジネス】海外事業における成功と失敗 -拠点責任者のコミットメント-

この2年半、私は海外進出と新規事業立ち上げという一粒で2度美味しい事業

【マーケティング】スマートフォン広告の現状と今後の動向 Vo.1

"Facebook モバイルアプリインストール広告の脅威" ここ

【StartUp】BitCoin 2.0とCoins.phの可能性がアツ過ぎる!

久しぶりに興味が沸くテーマが出てきたのでブログを更新してみました。

→もっと見る

  • スマホ周辺領域で海外事業をガシガシやってます。特に東南アジアが大好物です。

PAGE TOP ↑