【ビジネス】ポール グレアムもハードウェアスタートアップに注目!?

公開日: : 最終更新日:2014/03/30 Business, Marketing, StartUp

ここ最近3Dプリンター系のデータを取り扱う共有ウェブサイトやPirateBayなどのトレントサイトなどでも3Dプリンターデータが共有され始めているのが目につくようになってきた。

 

ハードウェアスタートアップが熱い!?

3Dプリンターの進化やクラウドファンディングの旺盛などによりハードウェアによるプロトタイプの作成から商品化までの道のりが大分軽減されるようになってきた昨今、そのトレンドはスタートアップにも出てきているようだ。

fotoopa / Foter / CC BY-NC-ND

 

Hardware Renaissance(ハードウェアルネッサンス)

Y Combinatorの主催者であるPaul Grahamも最新の彼のエッセイでハードウェアルネッサンスと題してハードウェアスタートアップについて言及している。

彼のエッセイの全文、下記に翻訳してみた。

marcp_dmoz / Foter / CC BY-NC-SA

 

Y Combinatorの早期の利点の一つは、広範囲に着目していることつまり他の人たちが気づく前にトレンドに気づく事だ。

前回、最も目についたトレンドの一つが、ハードウェアスタートアップの数の多さだ。84の企業のうち、7社がハードウェアを作っていた。概して彼らは、過去の参加企業よりもよくやっていた。

彼らは投資家連中から強い抵抗を受けた、もちろんね。投資家連中は、ハードウェアに対して根強いバイアスを持っている。

しかし、投資家連中の考えは遅れた指標だ。最高な創業者は、最高の投資家よりも未来に対して先見の明があるのだ。

なぜなら、最高の創業者たちがその未来を作っているからだ。

このトレンドを牽引しているのは一つだけではない。クラウドファンディングではハードウェアがすごくうまく行っている。

タブレットの普及もタブレットでコントロールできる新しい製品を作る事を可能とし、製品同士が結びつく事さえ可能にしている。エレクトリックモーターも進化したし、様々な種類の無線接続も当たり前になってきている。こうしたトレンドが製品を製造する事を押し進めている。

Arduino(アルドゥイーノは、AVRマイコン、入出力ポートを備えた基板、C言語風のArduino言語とそれの統合開発環境から構成されるシステム)、3Dプリンティング、レーザーカッターやCNCフライス盤がより簡単に利用できるようになり、より簡単にプロトタイプを製造可能としている。

また、オンラインで購入する人たちが増えている事で流通業者もボトルネックになりにくくなってきている。
私が答える事ができる一つの問いは、何故突然ハードウェアがクールになってきたかだ。

それはこれまでもクールだった。物理的なモノというは素晴らしい。

モノはソフトウェアのように急激な成長をするための素晴らしい方法ではなかっただけだ。

しかし、そのルールにしても永続的には続かないようだ。古いとさえ言える。それは、1990年ごろのことだ。

ソフトウェアのアドバンテージというのも一時的なものになるかもしれない。

ハッカー連中は、ハードウェアを組み立てる事を愛しているし、顧客もそれを買うことが大好きだ。

だから、ソフトウェアを買うように簡単にハードウェアを買う事ができるようになれば、もっともっと沢山のハードウェアスタートアップを見る事ができるようになるかもしれない。

そうなるまでは何か悪いアイデアであるようなのは初めてではないし、起業家から投資家連中が学びを得るということも初めてではない。

だからもしあなたがハードウェアに取りかかりたいと思っているのであれば、怖じ気づく必要はない。

なぜなら、あなたは投資家連中があなたを攻撃する事を心配しているだけだからだ。

とりわけ、ハードウェアのアイデアでY Combinatorに応募することに怖じ気づく必要はない。

なぜなら私たちは、ハードウェアスタートアップに強い関心を持っているからだ。

私たちは、次代のSteve Jobsのために余地があるということを知っている。

しかし、それはほぼ確実に<あなたの名前がここに入る!>にも余地があるということだ!

 

原文:http://www.paulgraham.com/hw.html

 

まとめ

簡単にプロトタイプが作れるようになり、投資家からだけでなくクラウドファンディングを利用することで以前に比べて格段に資金を得られ易くなっている。次のトレンドしてハードウェアスタートアップはかなり期待できるのでは!
最近はソニーなども元気がないので、日本のスタートアップ企業からおもしろい製品がどんどんと生まれてきて欲しい!




関連記事

【ファッション】UK発のファッションブランドが辛口過ぎる!

Super Dry極度乾燥(しなさい!) UKのファッションブランド Super Dry極度乾燥(

記事を読む

【Tech】eCommerceが熱過ぎる!

ここ最近色々なタイプのECが出現してきておりオンラインショッピングに新しい風が吹きつつあります。

記事を読む

【Tech】米PheedのSNSに対するチャレンジが熱過ぎる!

Facebookが独走するSNS界に新たな挑戦者が現れた!米Pheedだ! 米Pheedは、ユーザー

記事を読む

【音楽】PSYの人気で株価が上昇し過ぎ!

株価が急上昇! UKのチャートでNo.1を取って相当イケイケな江南スタイルこと太っちょおちゃら

記事を読む

【Tech】米RapGeniusは音楽とギークの融合が楽し過ぎる!

数日前、シリコンバレーの有名投資家であるAndreessen Horowitzが、ラップの歌詞説明サ

記事を読む

【Tech】英Marblarは埋もれてしまう、しまった知的財産の活用が上手過ぎる!

UKの3人の博士課程の学生が設立した英Marblrは、大学の研究所で開発された技術や特許などをインタ

記事を読む

【Tech】Art.syはアートを革新的に楽しめ過ぎる!

Art.syは、無料で世界中のアートをインターネットで閲覧できるサービスだ。 2年前ぐらいからテス

記事を読む

【ビジネス】米GoProの破壊的イノベーションが素晴らし過ぎる!

搭載されるカメラがより高度なものとなり、簡単にソーシャルに共有できるスマートフォンがデジタルカメラを

記事を読む

海外出張、旅行で役に立つアイテム10選

昨年は、14カ国、約半年を海外出張と旅行で過ごしたが、旅をより快適にできるように色々と模索した結果、

記事を読む

【StartUp】スタートアップにとって課題発掘が最も重要な訳

スタートアップの成功要因とは? 様々なスタートアップの成功話や諸々の書籍はもちろんのこと、実際に多く

記事を読む







[Music]タイ、バンコクのおすすめクラブまとめ 2017年最新版

バンコクのクラブ事情 ここ近年のバンコクの都市化が加速度的に増してお

海外出張、旅行で役に立つアイテム10選

昨年は、14カ国、約半年を海外出張と旅行で過ごしたが、旅をより快適にで

【ビジネス】海外事業における成功と失敗 -拠点責任者のコミットメント-

この2年半、私は海外進出と新規事業立ち上げという一粒で2度美味しい事業

【マーケティング】スマートフォン広告の現状と今後の動向 Vo.1

"Facebook モバイルアプリインストール広告の脅威" ここ

【StartUp】BitCoin 2.0とCoins.phの可能性がアツ過ぎる!

久しぶりに興味が沸くテーマが出てきたのでブログを更新してみました。

→もっと見る

  • スマホ周辺領域で海外事業をガシガシやってます。特に東南アジアが大好物です。

PAGE TOP ↑