海外のWEBサービス、マーケティング、音楽、食など今僕が面白いと思っているものを徒然に紹介します!

Shinya Hayashi Now

Business Marketing StartUp

【Tech】英Marblarは埋もれてしまう、しまった知的財産の活用が上手過ぎる!

更新日:

UKの3人の博士課程の学生が設立した英Marblrは、大学の研究所で開発された技術や特許などをインターネットで公開し、インターネットユーザーのアイデアと結びつけ、新しい発明やまったく使用されていない特許を大学が商用化できるように手助けをするプラットフォームだ!

既にメディカルリサーチカウンシル、イペリアルカレッジロンドンなどの6つの研究所と提携しており、
振動で電気を生成する装置やCCDカメラを利用した電子顕微鏡などのプロジェクトが既にサイト上で公開されている。

 

技術や特許の95%が未使用!

世の中には開発されたが日の目を見ない技術がごまんとある。

CEOのDaniel Perezによれば世の中の大学が取得している特許のうち95%が世に出ておらず、
また、大学の研究者やその関係者だけではその特許の可能性を見いだす事ができないという。

Marblarは、そうした技術をインタネットで公開し、無数の人からアイデアを集め、埋もれている技術や特許を社会のために有効活用できないかと考えたのだ。

 

サービスの仕組み

サービスは至ってシンプルだ。

アイデアを募集したい研究者が、技術内容を説明するビデオやその技術の特徴などを紹介したページを作成し、
ユーザー側は、サイトにアップされている発明の中から好きなものを選び、アイデアを投稿するだけだ。

 

ゲーミフィケーションの活用!

アイデアを提供するユーザー側には様々なインセンティブ設計が施されており、ゲーミフィケーションが活用されている。

各プロジェクトには、クラウドファウンディングのように掲載期間と、それぞれ賞金(数百ドルから数千ドル)やMarble内での評価にあたるポイントなどが設定されており、最も人気の集めたアイデアには賞金をそれ以外のアイデアにはポイントが与えられる仕組みだ。

 

まとめ

埋もれてしまう、埋もれている知的財産の活用というのは非常に高い価値を社会に提供できる。
課題は、より多くの魅力的な技術や特許が公開され、より多くのユーザーに参加してもらい、より多くのアイデアを集め、その中で秀逸なものが出てくるかどうかだ。
課題は大きいと思うが解決されるべき課題の価値が非常に高いだけに是非がんばってほしい!

人気記事

1

※2019/04/01 更新 ...

2

IKZOブームって何? ニコニコ動画で2008年ぐらいに起こったIKZOブーム。 ...

3

久しぶりに興味が沸くテーマが出てきたのでブログを更新してみました。 今回は、BitCoin2.0とCoin.phというスタートアップを取り上げてみたいと思います。 ...

-Business, Marketing, StartUp

Copyright© Shinya Hayashi Now , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.