【Tech】米Thoughtfulのピボットが華麗過ぎる!

【Tech】米Thoughtfulのピボットが華麗過ぎる!

米Thoughtfulはセレブ、著名人やアスリートにブランドや商品のツイートで広告してもらうと同時に社会性の高い活動や団体いわゆる”ソーシャルグッド”を広告してもらおうというサービスだ。

 

 

ファウンダーの Derek Reyはセレブ、著名人やアスリートにブランドや商品の広告をツイートしてもらうサービスであるadlyを起業し、運営をしている。

 

マネタイズもきっちり!

adlyのビジネスモデル同様、広告主からはエージェンシーとして広告配信の料金を徴収する。
ただソーシャルグットとセレブ、著名人やアスリートを結びつけるだけでないのがポイント。

erika.tricroche / Free Photos

 

社会性だけでなく収益性も向上!?

広告だけであればひととき流行ったブロガーの口コミビジネスのように参加しているセレブや著名人、彼らのフォロワーに見透かされてしまうだろうし、広告効果も逓減して行くだろう。
そこにソーシャルグットを付与する事でよりセレブや著名人の参加、賛同を得易くなるだろうし、これまでよりも広告の回数を増やす事ができるという点でadlyよりも収益性の高いビジネスになる可能性があるのではないだろうか。

 

nvk_ / Free Photos

 

こんな感じにつぶやかれる

大手ハンバーガーチェーンのCarlsJrの広告をSnoop Lion(有名ラッパーのSnoop Doggの別名儀)がツイート。
最後にSnoop Youth Football(Snoop Doggが支援しているユース世代のアメフトリーグ)を広告を付加!

A homemade biscuit only for the west! @CarlsJr and they supportin Snoop Youth Football!
“西海岸だけの手作りビスケット!@CalsJr CarlsJrはSnoop Youth Footballをサポートしています!!

_bmo / Free Photos

 

 

まとめ
ソーシャルビジネスでマネタイズするのでは、収益性の高いビジネスを利用して社会性の高いサービスを作り出すという逆の発想が素晴らしい。